財政運営

事前積立方式

厚生年金基金は、加入期間中に年金原資を積み立てる「事前積立方式」を採っており、年金給付の原資は、事業主と加入員から納付された掛金と年金積立金の長期運用で賄われています。

安定的な財政運営のための定期的なチェックが義務付けられています。

解散計画の検証

平成30年2月に解散計画変更申請書を厚生労働省に提出したことにより、解散予定日まで毎年度末を基準として積立水準の検証を行い、解散計画のチェックを実施しています。

財政再計算

財政の安定を図るために、5年毎に基礎率(死亡率、昇給率、脱退率等)を見直し、現状の掛金が適切な水準かどうかのチェックを実施しています。

平成28年度末積立水準(平成29年3月31日基準)

積立目標 … 最低責任準備金の1.10倍
 
          最低責任準備金比  1.25倍
          最低積立基準額比  0.89倍
          責任準備金比     1.01倍